Entries

エンブレム・マスター&ダークイレギュラーズ:アモン軸研究

ひどい厨二設定とかいわないのっ
エンブレム・マスター
ヴァンガードにアタックがヒットするとCB1でソウルチャージを3枚行える。
単純に一度効果を使えれば、魔界侯爵アモンがパワー+3000するのはすばらしいよね。
ただ、その代償としてCB1使うのが少し悩むところ。
アモン軸は基本的にアモンかグヴィンでコストを使いたいのよね。

同じような効果を持つブルーダストと比較すると・・

3枚もソウルチャージできる点で勝る。
ヴァンガードにヒットさせないといけない点で劣る。
コストがかかる点で劣る。
専用ブーストがいない点で劣る(現状ほとんど関係ないが)。

ようするにこちらは爆発力特化なんだよね。
まあ相手にガード強要力が強いという点では優れているかな?
アモンと並んだ時、ヒットさせたらアモンが+3000すると考えるとやはり通したくなくなるだろう。


そゆわけで、アモン軸のダークイレギュラーズを考えてます。
というより、作り直す方針で考えています。色々強化されたわけだからぜひともそれを使うべきであろう。



グレード3について。
まず肝心の切り札、魔界侯爵アモン。
魔界侯爵アモン
当然4積・・でもいいけど俺はヴァンピーアも使いたいってのと、奈落の魔王だかってのを1枚だけいれてみようかと考えているので俺は3枚の予定。

リアガードでのアタッカーはバジリスク一択かなー


グレード2.
ここが悩む。とりあえず、エンブレムマスター、媚態のサキュバス、退廃のサキュバス、グヴィンザリッパーから10枚か11枚ほど選ぶつもりではいるがー・・

まず退廃のサキュバスは3枚。多すぎず少なすぎずということでこれで俺は安定しました。
エンブレムマスターは2枚の予定。まあライドしてもよし、リアガードに置いてもよしだけど、様子見としか言えないかな・・っ
グヴィンも2枚の予定。あと1枚ほどいれたかったけど、ブラッディカーフ1枚入れればそれでいいかなーってことで控えめに。
そしてね、媚態のサキュバスがどうするか。
非常に使いやすいこの効果。ドリーンとのコンボも可能で安定したソウル増加ができる。打点も申し分ない。
とりあえず4枚いれてみるつもり。まあそれ以前に手に入るかが問題かもしれぬが・・


グレード1.
候補はー
安定バニラのプリズナービースト。
ソウルを貯める誘惑のサキュバス。
是非ともV裏に置きたい求愛のサキュバス。
ソウルチャージで力を得るドリーンザスラスター。
除去要員のブラッディカーフ。
完全ガードのマーチラビット。
9000ブーストの漆黒の詩人アモン。

このへんだろうか。でも今回漆黒アモンは使いません。便利なのはいいとしてドリーンの爆発力を優先してみようと思うので。

まずマーチラビットは3枚。完全ガード3枚固定はもう俺のパターンになってます。
誘惑のサキュバスも3枚。媚態のサキュバス多めですので4枚はいらないと思うけど様子見で。
求愛のサキュバスは1枚のみ。これはソウル増やせるか不確定なので、でもイラストはかなり好き。
ブラッディカーフも1枚。除去はいいけど序盤使えないのがなー・・グヴィンもいるし別にいっかってことで。
さて残り8枚かな。媚態のサキュバスを4積にしてG2を11枚体制にするなら残り7枚。
素直にドリーン4プリズナー4になるけど、残り7枚にする場合どちらを削るか・・

このへんは考えておこう。


グレード0は、ファーストヴァンガードはグリーティーハンドを使います。
シズク互換でもいいけど、まあなんとなく使ってみたい。
どっちも多分アモンのエサになるだけな気もするので少しでもパワーのあるグリーティーを選んだってところかな・・っw

トリガー配分はドロー6クリティ6ヒール4です。もちろん効果付きトリガーを優先して。

こんなところで考えてます。


ごめんなさいこれからでかける用事ができてしまったので、こめかえしは次回か、のちほど更新します。

ではまた!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pukitimahome.blog24.fc2.com/tb.php/1445-28201013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

メイドさん時計

プロフィール

所在地:静岡

プキチマ君

Author:プキチマ君
わがブログへようこそ!

FC2カウンター

Twitter

TweetsWind

最新記事

EUROPA時計

Flashリバーシ

by Orfeon

ワンプッシュ投票

遊戯王時代の名残

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード